ロケットのセット価格も「驚き」の納得価格 2017年度

今年、直木賞をとったからではありません。下請けいじめ!資金繰り難!多額のお金が入った事による従業員たちと佃の不協和音。400ページを超える長編ですが!面白くて一気に読んでしまいました。

イマが買い時♪

2017年02月05日 ランキング上位商品↑

ロケット下町ロケット [ 池井戸潤 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

まさにこれを地でいくような物語には,心を奪われっぱなしであった。直木賞受賞作品と聞いて!購入してみました。このタイトル!そして!町工場の中小企業が!ロケットの部品を製造する…というストーリーにいたく興味をひかれたからです。若い世代に勧めたいですね。頭脳の活性化に是非読んでください。直木賞受賞をきっかけに妻が読んでみたいという事で、購入しました。沈没直前の日本でもこのような企業があって頑張ってくれているのを知るととても嬉しくなります。作者は、よく調べているなぁと感心します。企業はやっぱり技術力と人材が財産だと実感です。他の中小企業さんにも何とか頑張ってもらいたいと思いました。などなど!盛り沢山の内容がかみ合い!面白かったです。。同時に池井戸氏の著作を一気に読み始めているところです!知的財産権!銀行の審査のこと!ロケットの話!研究職関係の話!中小企業の社長や社員のことなど!色々勉強になる話でした。佃製作所の熟練の技と大企業の機械の精度の戦い。元気をもらいました。日本人のものづくりの原点を再認識させてくれる本です。終盤では!「え!水面下で!そんな事まで仕組んだの!!」と!驚きもありました。今回は!あんな展開になるとは思いもしなかった序盤からすばらしいでした!池井戸潤氏の作品は初めて読みました、爽快な夢のある作品で他の作品も読みたくなりました。最後は胸が熱くなる展開で、中小企業にお勤めの方は是非読んでいただきたいです。最後まで読みあげた時は!感動の涙でした。知人の年配のおじさんに面白いからと勧められて購入しました。読んだ後、とても清々しい爽快感を覚えたのは私だけでしょうか?ドラマを見て購入しましたが、「おもしろい!!!」です。。そちらも気になるところです。下町の中小企業を対象に日本経済を支えている製造業の逞しさに感服させられると共に経営者の頑張りに敬服させられる作品です。入院してる友人に元気になるような本を贈りたい、と思って購入してみたのですが、この本を選んで大正解でした。本屋で初めて見た時から!この本を読みたいな…と思っていました。登場人物はおっさんばかり(笑)それでも!私は読むのを止められずに家事を半分ほったらかしで一気に読みました。日本の知財申請や裁判はやたら時間が掛かるイメージでしたがこの本に出てくるようなちゃんと判断してくれる裁判官が沢山いたらいいなと思ったのと世界を相手に知財で戦える知財関係専門の司法関係者がまだまだ少ないのが今後の日本の課題では。それに加えて!大田区の池上線周辺の雰囲気が非常にいい味を出しています。池井戸潤さん、素晴らしい作家さんですWOWOWの連続ドラマW下町ロケット」佃航平役を三上博さん主演です、私のイメージにぴったりです直木賞作品だし、ドラマ化されたのに、読んでいませんでした。企業の繋がり!男のロマン!社内の上下関係・・・男性のほうが好んで読む内容かもしれません。自分は原作派です。ちょこちょこ難しい言葉が出てくるので流して読んじゃってる所もありますがw後半はハラハラドキドキしっぱなしで!あっという間に読んでしまいました。書店オススメ書評などや他のメディアでも受賞前から評判でしたので!やはり読み応えのある一冊でした。TVで3回見て購入しました。中小企業の現状というものはこんな感じでしょうか。あと!町工場の雰囲気もよく描けています。一気に読んでしまいました。技術職で日々似たような場面に遭遇しているのでとても共感できました。原作の人物像が映像に反映されていると感じます。そして小気味よい作品でした。直木賞の受賞作なので読んでみたのですが!この作者さんの本を他のものも読んでみたくなりました。話がやたらとうまく進むな〜って思う部分もありましたが!全体的にはなるほど〜と感心しました。WOWOWでも現在残す1話のみとなったが,脚本が違うので,どちらを先にしても楽しめる(かも?)。この本は、今回の震災の傷跡がまだまだ大きく復興が遅れているように思える中、間違いなく中小企業の頑張りによって確実に復興できると思わせる内容で、日本の現状を表す経済物語でガンバロウと思える浪花町的物語でもあり、読み進むごとに面白くなっていくだれでも楽しめる本です。 直木賞を取られたので!購入しました。映像になったら面白い話だと思っていたら、ドラマ化されているようですね。あ〜!えらい損してた気分です。これはほんと爽快です。政局ばかりが話題となり一向に前に進まない日本の政治・外交問題、円高が進み低迷する経済、暗い話題ばかりの日本ですが、現代の多くの若者にこの本を読んでいただき、日本の原点は[ものづくり]であり、他国には無い圧倒的な技術力があることを誇りに思ってもらいたいですね。はっきりいって面白いです。ハラハラドキドキの展開があり!ひとつ小気味よく解決したかと思えば次のハラハラ!また解決かと思えば次へと!何処でまとまるんだという思いで読みました。どんどん読み進んでしまい,一気に感動と共に終了。一気に読んでしまいました。大田区の町工場が取得した最先端特許をめぐる、中小企業vs大企業の熱い戦い!かつて研究者としてロケット開発に携わっていた佃航平は、打ち上げ失敗の責任を取って研究者の道を辞し、いまは親の跡を継いで従業員200人の小さな会社、佃製作所を経営していた。とにかくおもしろい。。どこかレトロな匂いも感じます、それは一概に古さではなく夢にむかって日々の苦悩とトラブルを克服して行く町工場の社長の壮大で爽快な物語であって震災後の日本と無関係ではない作品です。子どもが使っていた小学5年の社会の教科書には,大企業と中小企業との違いとして『町工場の中には,大工場にはない独特の技術力等ですばらしい製品を作っていることがある〜』というような文章が記載されていた。。文庫化する前に買ってもよかった。