読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロケットが送料無料じゃなくても格安価格~!

また!時間があるときにしっかりと読み直してみたいです。いろりろな人間模様があり、企業のそれぞれの思惑が交錯して面白いと内容だと思います。。

こちらになります!

2017年02月05日 ランキング上位商品↑

ロケット下町ロケット(2) [ 池井戸潤 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

それぞれの役の顔が浮かんで!楽しめました。一気に読んでしまったため最後のほうで疲れたためかスカッとさせられるところが弱く感じてしましました。テレビを見て原作を読みたくなり!ネットで購入しました。前作も読んだけど!新作のほうが数段内容が濃くて面白いです。今回はTVで2が発売されていることを知って早速購入しました。モノづくりにおいて検査データの不正という点データがきれいすぎる・・・見る人が見れば異常と感じられる点は自分自身!サラリーマンですがモノづくりをしている立場としてはドキッとさせられる内容でした。なんでこんなに面白いんだろう。下町ロケット1を読んだあとTVドラマを堪能。ドラマを見る前に読みました。本の中身も面白かったです。そういった意味も含めてこの小説は大満足です。原作とドラマは若干違う流れですがドラマをイメージしながら読み始めています。それとドラマの6回以降が楽しみ。内容はもちろん満足です。久々に熱くなる作品です。ドラマは見ていなかったですが!臨場感があってすごく面白かったです面白い。オススメの一冊です。TVドラマとは違う文章での感動が味わえました。1巻もそうでしたが、ドラマよりやっぱり本で読んだほうが断然いいですね。面白くて!いっきに最後まで読んでしまいました。テレビドラマも放映になり人気の高さが感じられます。うんうんと頷く始末です。色々な人の思惑・しがらみが複雑に絡み合って一筋縄ではいかない。これからのドラマの展開にわくわくしています。池井戸潤氏の作品は最後に急展開で終わるのが多いですが今回は読みごたえが十分ありました。非常に爽快で楽しい作品が多いと思います。読み始めると、直ぐに読み切ってしまいますね!何となく予想がつくストーリなんですが、テンポの良い流れで読んでしまいます(笑)テレビは後半端折りすぎでしたね。小説の痛快感が前半のロケットに比べて後半の医療機器ではかなりスポイルされていました。池井戸作品の魅力は強気をくじき弱気を助ける。家の中からいつでも発注できるのでいつも助かっています。一巻めの「下町ロケット」と違って、表紙が薄くなったのが残念です。ドラマが始まる直前に急いで読みました。また寝不足です。もったいないと思いながらの一気読み。一時期は半沢直樹のテレビ放映で池井戸さんにはまり全ての本を読みましたが「下町ロケット2」が出版され、何時か購入しようと思っていて遅くなりましが手に入れました。出だしから昔を思い出す池井戸さんの書き方に懐かしさを感じました。読破しました。やっぱり!2シリーズに分けたほうが「工業立国日本」のマインドが強くアピールできたと思います。下町ロケット2も前作に続き大手企業!ライバル会社とのバトル模様です。